■TOP

HG GUNDAM 00-45 GN-000 0ガンダム(実戦配備型)



 

今回はあまり塗装には苦戦しなかったのでデカールを頑張って見ました。

カッコ良く出来たと満足しています。
ただ一部の合わせ目を消すのが難しいと思って放置したのは今思えば失敗だったかなと。
あとアレですね、筆塗りすると全然ダメですね。
もっと美しく仕上げたいんですが、やっぱり難しいです。コレばっかりは練習あるのみですね。



まず自己満足の為の素組みとの比較を(笑)
ちょっとアングルが違うこともあるんですが、前回のSD Hi-νガンダム程の違いはないですね。
もちろん劇的にカッコ良くなってますが、部分塗装、スミ入れ、トップコートをすれば似た様なクオリティにはなりそうです。
やはり良いキットですね。



 うーん、やっぱりふくらはぎの合わせ目は遠目で見ても目立ちますね。難しいと思い消すのを断念したんですが、時間を掛けてでも消すべきでしたね。

 

イケメンさんですねー素晴らしい!ただ、ちょっとスミ入れ汚いですね。

肉眼で見る分にはそんなに目立たないんですが、写真だと目立ちますね。これも課題ですね。

 

首周りはインスト通りだと全面黄色なんですが、アニメに合わせてグレーにしています。
なんでプラモは変えたんでしょうね。こっちの方がカッコイイのに・・・

 

左肩の型番は、デカールを切ってつなげてます。さすがに0ガンダム用のデカールはないです。

 

後頭部がなんか汚いですね。ツメが甘かったです。GNドライブのクリアグリーンも荒が目立ちますね(^_^;)

 

付け替えパーツのGN粒子貯蔵タンクです。初めてメタルパーツを使って見ました。

ハイキューパーツ ツインパイプS 1.5mmを埋め込んでいます。ちょっと面取りが甘かったですね。

ちゃんと丸ビット使わないとダメですね。

 

折角なのでもう1枚。全体像です。グッとしまった印象になります。

気に入ってるんですが、やはりGNドライブほどのインパクトはないです。残念ですが、ここで出番は終了です。

 

 

0ガンダムの一番の魅力はこの足だと思うんですよね。大きめのデカールでより強調してみました。

 

かかとのグレーは塗り分けです。ちょっとした所ですが、ずいぶんとイメージが変わります。塗装必須だと思います。

 

足の裏も塗り分けてます。あとパテで肉抜き穴を埋めてます。

 

武器は単色だと寂しいので塗り分けてます。クリアブルーの部分はちょっと余分かなぁ~と思いつつ塗ってみました。

 

こちらも武器に合わせてクリアブルーを塗ってみました。ちなみに、フォーカスを真ん中のエンブレムにお合わせてるの両端のデカールがぼけてます。

シールド裏は肉抜き穴があるんですが、デザインぽくてカッコイイのでそのままにしています。

おかげで溝の塗装が結構大変でした。

 

 

 

 

 

 銃を持たせると必ず取るポーズ。これは外せません(笑)

 

 

「GNドライブ、マッチングクリア」

ちなみに、このセリフとても印象的ですが、総集編は改編されてまして「これは運命だ。0ガンダムの機体に00ガンダムのGNドライブ・・・行ける」となってます。

 

 

「どこだ、どこにいる? 刹那・F・セイエイ」

 

「そこか!」

ちなみに、こんな感じに打つシーンではないです。大破した00を見て、「GNドライブがない!?」です。

 

エクシアと打ち合ってビームガンを落とされるシーンの再現・・・のつもりです。

こういうときに足の裏が見えるので、やっぱり塗り分けていて正解ですね。

 

ビームサーベルは、全体を蛍光ピンクで塗って、白を混ぜてグラデーション塗装しています。

 

 

 

 

 

 

 

最後にデカールとカラーレシピです。

 

■デカール

1/144 HGUC RX-0 ユニコーンガンダム用

1/60・1/100・1/144(HG)・各スケール対応 機動戦士ガンダム00用①

1/60「GN-000 + GNR-010 ダブルオーライザー②(オーライザー)」用

NCデカール05 1/144 レッド

 

■カラーレシピ

(C)=クレオス (G)=ガイアノーツ (F)= フィニシャーズ

 

白:Ex-ホワイト(G)

青:ガンダムカラーGC46ブルー(11)(C)

赤:ハーマンレッド(C)

黄:キライエロー(C)

フレーム:MSファントムグレー(C)

銀(シールド、武器、GN粒子貯蔵タンク):フレームメタリック[2](G)

カメラアイ、GNドライブ:Ex-シルバー(G) ⇒ GXクリアグリーン(C)

 

スミ入れ:白パーツはグレー、その他はフラットブラック

トップコート:スーパーフラットクリア(F)

 

以上、HG GUNDAM 00-45 GN-000 0ガンダム(実戦配備型)でした。

キットの出来がいいので素組みでも十分にカッコイイです。

合わせ目をきっちり消そうとすると難しいですが、パーツ数も少なく組みやすく塗り分けも少ないので塗装も楽な方だと思います。

可動域が広く、武器も取り回しが楽なのでいろんなポーズで楽しめるのも良いですね。

 

今回は前回ほど苦労しませんでしたが、とてもカッコ良く仕上がりとても満足しています。

なんでしょうね作っているうちに愛着が湧いてくるんでしょうか。

うおぉ~カッコイイ!と興奮しながら最後の組み上げをしてました(笑)

前回はSDだったの可動域が狭くあまり遊べなかったのですが、今回は存分に遊びました。

やっぱりいろんなポーズが取れるのは楽しいですね。

 

次もこんな感じで楽しみながら時には興奮しつつ製作したいです。

 

コメントなどありましたら、こちらにどうぞ。けんじぃのガンプラブログ HG 0ガンダム(実戦配備型)(機動戦士ガンダム00) 製作5 完成

 

 


ブログパーツ inserted by FC2 system